<< バレエ用語について | main | 子供のやる気について >>

バレエシューズについて

以前ポアントについて書いたので、今度はバレエシューズについてですおはな

バレエシューズはソールがヘチマ型のフルソールと上下に分かれている
スプリットソールがあります。
足裏がまだ弱いうちはフルソール、少し強くなってきたら
スプリットソールとなります。

素材も布・前皮・オール皮とありますが、布が主流です。
今は床は一般的にリノリウムですが、一昔前は木の床だったので
布だと穴があいてしまい、皮のシューズ、
特に安価な前皮が多く用いられました。
バレエシューズにはフィット感を調節する為のゴムが入っているのですが、結び目は外に出さないのがマナーですバッド
普通の靴でバレエシューズ型のものは、あのリボン結びがポイントとなっていますがホントのバレエシューズではしまい込みます。
舞台では出てこない様に縫い付ける事もある程です。
小さい子には扱いが難しく、結び目なしの内蔵タイプは便利だと思います。

スプリットソールはメーカーによっては小さいサイズを
作っていない場合があるので困る事もあります。
バレエシューズはポアント同様何より大切な部分です。
足に合ったものを履いて下さいねグッド
| バレエに関する疑問 | 08:48 | - | - | - | - |

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--